プラレール・アドバンス

まだまだ先だと思っていた「プラレールアドバンス」が発売になっていました。

従来のプラレールが抱える致命的な問題「家の広さで飽和する」問題のブレイクスルーとなる、画期的なプラレール。車両を小型化し、従来の1本のレールを平行する2本のレールとして利用可能。これにより、同じレールで従来の倍の車両を走らせることが可能となり、タカラトミーはウハウハというわけです。親父が夢中になるわけだ…。

「すれ違い運転」が醍醐味だと思うので、少なくとも2編成は欲しいですね。でも単価は従来のプラレールと比べて約1.5倍。アドバンス2編成で従来のプラレール3編成分の値段になってしまいます。従来のプラレールとNゲージの中間的な位置づけだと思うので、強気の価格設定なんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)