来らっせ リベンジと、表彰されたザク

再び出張で宇都宮に行ったので、utanさんに連れてって貰って「来らっせ」で前回食べ逃したメニューを食べてきました。

gyoza1028-1

これが前回食べ逃した「めんめん」の「ゆで餃子おろしポン酢がけ」。早速リベンジ。うん、さっぱりしていて美味。

gyoza1028-2

「龍門」の「キムチ餃子」。私キムチ好きなので、これも美味しく感じました。それほどキムチは濃い感じではないですが、醤油を付けないでこのまま頂くと何とも甘辛くて。

gyoza1028-3

しかし今回のとどめは「幸楽」のシンプルな「焼餃子」。どノーマルの焼き餃子で、1皿240円と格安。。これが美味い!野菜たっぷり系の餃子なんですが、野菜のいい味が閉じ込められててしつこくない。あまりにも気に入ったので、お土産に冷凍を買ってきました(笑

さて、ひととおり満腹になったところで、utanさんがおもむろにナップザックの中からタッパーを取り出しました。ナニゴトかとみていると…

どーん!

utan1985_zaku1

ナップザックからザクが!と言いたくもなりますが!
コンテストで優秀賞を取ったザクですよこれ!
いやぁ実物を拝めるとは!

こういった表彰もののキットって、作った人か展示した人でもなければ、なかなか手に取ることはできないですよね。

これ、1/144なんですよ。すなわち全高約13cm。とても1/144には見えない巨大感です。ディテールを造り込むとこうなるんですねぇ…。

utan1985_zaku2

宇都宮のショップのコンテストらしいんですが、いや、この完成度、宇都宮レベルではなく、全国レベルだと思いますよ…。

utan1985_zaku3

このキットを前にして作り方について色々教えてもらいました。そして解ったのは、こういったキットを作るには、(1)どうすればいいかを知っている (2)相応の道具を持っている の2つが必要だということ。

「どうすればいいか」というのは、たとえばここを切り離して別パーツにするとこう見えるとか、市販のディテールアップパーツにはこんなのが売っててこう使うとこう見えるとか、その取り付け方法はこうとか、「そもそもその造形はどうするの?」という話です。

そしてもう1つは道具。スジ彫りにしたってこういったタガネを使っているわけです。高価いですよね。これならもう少し安いとさっきtwitterで教えてもらいましたが、スジ彫りにこれだけのコストをかけられるからこそ、大量の安定したスジ彫りが可能なわけです。「プラモ狂四郎」の時代の教えのまま、カッターで彫っていてはダメだと言うことなんですね。

なるほどねぇ。
色々考えさせられました。
ありがとうございました>utan1985さん。


RGはモデラーの間で「することがない」と言われているらしい(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)