Time Machineが遅かった→復活

最近、MacとTime Capsule周りで不可解な現象が続いていたんですよ。

tc6

  • 12月7日:Safariのアップデート(5.1.2)をかけようとしたら、灰色背景でのアップデート画面で、プログレスバーが1/3くらいのところでフリーズした。電源ボタン長押しで強制シャットダウン、再起動後に再度試したらうまくいった。

  • 12月7日:YouTube動画のプログレス再生が引っかかるようになった。元々ネットワークが重くなりがちな水曜だったこともあり、特に気にせず。

  • 12月8日:Time Machineのメニューバーアイコンが「!」(バックアップ失敗)になっていたので、原因を調査しているうちに5GHzの802.11nで繋いでいたTimeCapsuleをiMacが見失う。しばらく待つと再認識できたので、AirMacユーティリティからTime Capsuleを再起動したところ、Time Machineが動くようになった

  • 12月8日:しかしTime Machineの動きが異常に遅いことに気がつく。40MBのバックアップに10分以上かかる。コンソールで確認すると、数メガバイトのバックアップ容量に対して、数千個のファイルがバックアップされている。AirMacユーティリティから「ワイドチャンネルの使用」をオフにしてみたり、Spotlight検索対象からTimeCapsuleのHDDを除外してみたが改善せず。

で、その後どうしたかというと、

・セーフブートでシステムをスッキリ → 効果なし
・Spotligitのインデックスを再構築 → 効果なし

うーん…とさらに悩んで、地味な一撃を放つ。

・Time Capsuleの電源プラグを抜き差し → 治った!

コンセント侮れねぇ。マジ侮れねぇ。


APPLE Time Capsule 2TB MD032J/A
お、Amazonでもやっと扱うようになったか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)