auスマートバリューの「価値」に今頃気がつく

先日、auが「auスマートバリュー」という計画を発表しています。これは平たく言うと家族丸ごと、固定も移動体もauに取り込むことと、スマホのトラフィックを固定網に逃すことを目的としています。これが実はすごく安いことに今更ながら気がつきました。

いま私はこういった金額で払っているわけですが、

(1)フレッツ光 5,480円
(2)ぷらら   1,050円
(3)ひかり電話  525円
(4)au iPhone 4,135円(2年目以降は6,755円)
————————————————
合計 11,190円(2年目以降は13,810円)

これを「auスマートバリュー」を使って固定網をauに乗り換えると、
こうなるわけです:

(1)auひかり  5,480円(プロバイダ込み)
(3)電話サービス 525円
(4)au iPhone 3,135円(2年目以降は5,775円)
————————————————
合計 9,140円(2年目以降は11,780円)

auひかり契約時のキャンペーン料金(auひかりが24ヶ月間789円引き、電話サービスが24ヶ月525円引き、合計1,314円×24ヶ月引き)はすべて工事費(分割払い時1,313円×24ヶ月…良くできてます(笑))で相殺されてしまうので考慮に入れないにしても、月額2,050円安くなるわけです。1年でちょっとしたデジカメが買えるくらい。これは大きい。

もっとも、私は昨年4月にフレッツ光ネクストに乗り換えて「1年縛り」がありますし、また、現在フレッツ契約で貯まったポイントを「ひかり電話」代に充当消化中なのですぐには動けませんが、5月くらいには検討する価値があるように思います。

NTTの追撃が気になるところですが、どうやらNTTは電気通信事業法30条の規制の規制により、すぐには追えない立場にあるようです。

flets200-1

雨の中フレッツ光ネクストの工事をしてくれたおじさんには申し訳ないですが、これは本気で乗り換えを検討します。

問題はメアドが変わってしまうこと。ぷららの契約を残すとコストメリットを最大化できないので、ぷららは解約することになると思いますが、kumadigitalアットマーク009191.comは馴染んでいただけに惜しい。

もっとも、コミュニケーションの主体は各種SNSのメッセージングに移行しつつあるので、昔よりはメアドの変更は問題にならないかと思います。面倒なのは、各種サービスに登録しているメアドの変更手続きかな。

…とここまで書いておいて、auのWebページをつらつらと眺めていて、ちょっと困ったことに気がつきました。

つづく。


NETGEAR GS105 5ポート ギガビットスイッチングハブ (省電力製品) GS105-300JPS (本体ライフタイム保証)(Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)