劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語 感想

公開初日のレイトショーで見てきました。初回上映は0:00だったので、そこからさらに22時間後ですね。それでもロビーはすごい人の波。しかもそのほとんどが「まどか」の客だというね…(まどか専用入場列を設けたのでまどか客が一目瞭然…)

テレビ版や前作を見ないで楽しめるか?との問いに対しては「楽しめない」と断言できます。前作との対比となるシーンが随所に出てきますし、前作のファンに向けて仕込んでいるサービスや小ネタがいっぱいです。

madoka3-1

ところでこれ、iPhoneで撮ったんですが、手ぶれを検知して手ぶれしていない瞬間にシャッターを切るアプリで撮りました(Darkroomと言います)。もちろん、ずっと手ぶれしてると永遠にシャッターが切れないですが(笑

横浜ブルク13でのグッズ販売はほぼ完売(若干のムックと、さやかグッズが残っていたくらい)でしたが、限定版パンフは結構次から次へとバックヤードから出てきていました。2日目(10/27)でも充分買えそうな気もします。

ここから先の当記事は若干のネタバレを含みます。


madoka3-2

冒頭から明るめの映像でスタート、概ねテレビ版をなぞる形で、でもファンが見たかったであろう魔法少女の活躍を描きます。そして見ているうちに若干の違和感を持たせ、中盤からどんでん返しで落とすという「虚淵シナリオ」が炸裂していました(笑 どうりで前回退場したはずの人が再登場しているわけです。但し、誰かの頭が食われるとかいう話ではありません。あの人がアレに化けるだけです。

事前に公開されていたビジュアルに登場していた、魔法少女にも見える白い髪の幼女の正体が、テレビ版ではおなじみのアレだったとは…なるほど、確かにアレにもベースとしての魔法少女は必要だもんな…。そして一瞬登場する幼女とアレの中間形態の顔が結構怖い、あれ子供見たら泣くわ(;´Д`)

それと、新作画の変身シーン、さすが子供向け魔法少女とは一線を画す作画。長かった(笑 センターがまどかではなくてマミさんなのがリアルでいいですね。特にさやか!キミの変身の際の動きが一番わけがわからないよ!(笑

前半はマミさん中心で話が進みますが、後半はほむほむの「まどか愛」が中心になります。いや、ほむほむ自身言っていたように「愛」でもいいんですが、むしろ自己中ここに極まれりといったところでしょうか。つか後半の展開を知ってしまうと、前半は「マトリックス」もしくは「メガゾーン23」(古)じゃないか!(ぉ 

前作とキャラの性格が違う(たとえばキュウべぇは萌え声出してペット扱いだし、マミさんの頭を食べたアイツはマミさんの同居マスコットになってるし、杏子は人間丸くなってるし、そしてほむほむは眼鏡っ娘モードでの登場だし)のは、劇場版エウレカセブンでも用いられた「新作ではキャラをそのまま、性格のみを入れ替える」手法なのかと思いましたが、全くそんなことはなかったです(笑 安心のまどかクオリティ。どこまでもファン心理を肯定します。

見終わったあとは「ああ、良かったね。ちゃんちゃん」という訳にはいかなかったのは若干のモヤモヤ感が残りますが、いい映画ってえてしてそういうものですよね。「まどか」の世界観としてはあの終わり方で良かったのかも知れません。そこまで含めて子供向け魔法少女モノとは違うぞ、と。

ただ、ラストシーンのキュウべぇ。あの扱いはひどい(笑 溜飲を下げた方も多い(ぉ のではないかと思いますが、前作のまどかが概念になったあとのラストで、ほむほむの肩にキュウべぇが乗っていたことと対比させる狙いなのでしょうが、えらくヒドイ扱いです。ほむほむが一周回ってやはり最後に辿り着いたボスキャラ。諸悪の根源ですが、魔法もキュウべぇが現れたからこその力なんですよねぇ。

サブタイトルにもなっている「叛逆の物語」ですが、そう、神への叛逆なんですね(ガクブル

これで完結するのかは果たして不明ですが、あるとすれば今度は「悪魔 vs 天使」=「ほむほむ × まどか」の戦いでしょうか。パラレルワールドを展開し過ぎて、もはやどの軸の世界を描けばいいのかよく解らなくなっていますが…。

~~~

パンフレットによると今回は「劇団イヌカレー」が以前より広範囲で関与したようです。確かにそういう印象はあります。

TVCFにも一瞬映ったマミさんとさやかの戦闘シーンは圧巻。まどかシリーズ過去最高の迫力のある戦闘シーンなのではないかと思います。あのシーンはリピートしたいなぁ。

作画は随所で超大画面向き。劇場映えしますが、欲を言えば都会の引きの夜景はイルミネーションの動きがあると鳥肌ものだったかな…現状だと「静止画」にしか見えないので…。でも家庭用テレビの40~50インチくらいではあの広々感は出ないでしょうねぇ。一方で遠目のキャラの目の色塗りがおかしかったことが少なくとも2シーンほど気がつきまして(まどか1回、新魔法少女1回)、ブルーレイ版では修正されていることを期待したいです。

madoka3-3

封切り第一週目プレゼントの色紙はこれでした。
比較的人気が高い絵柄だと思いますが、私的にはベストはアルティメットまどかかな(笑 (←そんなこと言ってるとバチがあたります

勿論、ブルーレイ版、楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)