WHITE KISS

White Kissこと、EOS Kiss X7のホワイトモデルが発売。

製品画像は、キヤノンのサイトにコピープロテクトが掛かっているため掲載しません

商品構成はダブルレンズキットのみのようで、標準ズームレンズのEF-S 18-55mm IS STMのほか、専用のホワイト鏡胴となったEF 40mm F2.8 STMの2本構成。さらに限定のグレーのストラップが付いて10万円弱、というセットのようです。

EF 50mm F1.8ではなく、EF 40mm F2.8 STMというのが気が利いてますね。STM(ステッピングモーター)駆動なので動画でも使いやすいですしね。いわゆる撒き餌レンズ50mm F1.8は安くていいですが、APS-Cでは中望遠になってしまうし、F1.8というのも被写界深度が浅すぎて性能を誤解するユーザーもいるでしょうから。あとおそらく50mmF1.8は無塗装なので、ホワイトが塗れないのかも知れません。



そもそもこの40mm、小さいくせに恐ろしく写りが良い。
なんでフルサイズ対応でこんな設計が出来るんだ…っていうくらいキチンと写る。
私はこの40mm F2.8は好きです。

白レンズとなった40mmは外側だけが白色で、なんで内側が黒のままなんだよ!と思う向きもあるでしょうが、フィルターネジ部とかはどうやっても白く塗れないでしょうし、そもそもレンズ近傍まで白くしたら、乱反射で映像のコントラストが低下するかもしれません。

「白レンズのヨンニッパ」とか呼んだら、いろいろ誤解されそう(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)