薄くなった新型SEIKO ASTRONを見てきた

ちょっと時間を作って、ヨドバシで薄くなった新型ASTRONを見てきました。見てきたのは限定モデルの SBXB001 ですが、9月下旬に発売される一般モデルも基本的には同じサイズ。なのでボリューム感の参考にはなります。

astron_hikaku

写真奥が SBXB001 で、手前がぶ厚い現行モデルの SBXA003。まぁ、確かに新型でもまだ大きいですが、普通のクロノグラフになったという印象です。視認性とか、彫りの深さとか、現行モデルならではの魅力も捨てがたいです。新型だったらアストロンに拘らなくてもブライツでいいんじゃないか…?とも思いました。

現行モデルは9月でディスコンなのかと思っていましたが、SEIKOのワッペンをつけた店員さんによると「現行モデルは、今のところ9月に引き上げ(終了)という話は聞いていない」とのことで、もしかすると併売されるのかもしれません。確かに ASTRON=クロノグラフ というのも少しやりすぎな感じもしますしね。

店員さんにも「限定ではない通常の新型が出てから比較されてはいかがですか?」と言われました。ディスコンでないのなら、そうします。


[セイコー]SEIKO 腕時計 SEIKO ASTRON アストロン ソーラー GPS 衛星電波修正 ステンレススチール 強化シリコンバンド 黒×ブルーダイヤル サファイアガラス スーパークリアコーティング 日常生活用強化防水 (10気圧防水) SBXA009 メンズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)