ブラウン純正替刃(国内正規流通品)を買ってみた

愛用のシェーバー、BRAUN 720S-4。今回も14ヶ月で替刃交換ランプが点灯。

<ここまでのあゆみ>
2011年6月 本体新規購入
2012年8月 替刃購入
2013年9月 替刃購入
2014年11月 替刃購入 

今回は、並行輸入品ではなくて、ちゃんとした国内正規品を買ってみた。
というのも、前回2013年9月に購入した並行輸入品が、どうも最初から切れ味がイマイチだったのだ。ただそれは並行輸入品だからどうのとは言い切れない。実は慣らし運転を「純正潤滑オイル」ではなく「純正潤滑オイル入りアルコールクリーナー」で行ってしまったためだ。そういうモヤモヤはあるものの、やはり一度は国内世紀流通品を試してみるかと、観念して購入。

fc70s-3-1

型版はF/C 70-3から、F/C 70-3Zへと変わり、さらに価格が高くなった。型番が変わったのは、最新機種への最適化を行ったためと聞いたが…

fc70s-3-2

単にシールで型番を貼り替えてるところを見ると、機構的には何の変化もなさそうだ。

fc70s-3-3

バーコードも剥がしてみれば、冒頭の数字は「49」(日本)ではなく、「42」(ドイツ)。まぁこれは製造国を示すものではないが…。

fc70s-3-4

今度はちゃんと「オイル」を使って慣らしをしてみた。でも数回使った感じでは、さほど並行輸入品との差は感じなかった。やっぱり次は並行輸入品でいいか…。

【並行輸入品】 ブラウン シリーズ7/プロソニック対応 網刃・内刃一体型カセット 70S (F/C70S-3に対する海外版)(Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)