夜のヤッターマン 最終回

終わってしまいましたね…。

yoruno_yatta-1

ドロンジョが幼女ということでどうなることかと心配した本作ですが、初回から安定した面白さで最後まで安心して観られたと思います。

メカ考証の荒唐無稽さは初代を踏襲したにしても(初代ヤッターマンのメカデザイナーはリアルロボットの先駆者でガンダムをデザインした大河原邦男氏というのも面白いですが)、話の内容も基本的にはファンタジーですからこれで良いのだと思います。大きなカタルシスがあるわけではないですが、最終回でたくさんの伏線を回収し、観た後にすごく納得感がありました。初代のファンも「いい作品だった」と納得できる内容なのではないでしょうか。

ただ、最終回はフレームの使い回し(同じ絵が何度も出てくる)など、制作側のマンパワー不足がそこはかとなく感じられるところが惜しかったと思います。あとはヤッターキングダムの住民の「その後」をもう少し観たかったかな。最終シーンで初代ドロンジョの声が登場したのには驚きましたが(注意深い人なら数十秒前に声の出演のテロップで登場することに気がついたはず)、「Gのレコンギスタ」も富野御大(←大型新人声優)がラストに華を添えていました(?)。そういうの流行ってるんですか?(笑


TVアニメ「夜ノヤッターマン」Blu-ray BOX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)