RICOH THETA がついにハイレゾ化

RICOH THETAが「THETA S」という名称で高解像度にモデルチェンジするようです。9/3にドイツのIFAで発表され、日本では9/4の発表になるとか。センサーが1/2.3型に大きくなり、画素数は片面あたり1.2Mピクセル。本体色は黒のみのようです。

IMG_7213

既にApp Storeでは接続用アプリがリリースされています。

価格は399ユーロという情報があり、単純換算だと5万円以上ですが、ちょっとそれはないかなと。日本円で4万円前後ではないでしょうか。

もうm15から買い換える気満々です。ヤフオクなら美品で平均24k前後(手数料5%とヤフープレミアム410円がかかるので実質22.4k程度)で売れ、マップカメラ下取りだと18.4k程度のようですが、ちょっとヤフオクをやってる時間もなく…マップカメラに下取りに出す予定です。初代からm15へは価格ダウンもあり飲み会1回分くらいの追金で買えましたが、今度はそうはいかなさそうです…。

【追記】日本でもレポート出ました:
リコーの全天周カメラTHETA(シータ)が高解像度化&暗闇に強くなって最強に:IFA 2015

えっ発売は10月下旬!?
マップ買取申し込んじゃったよ(;´Д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)