乾電池でiPhoneを充電できるように備える

3.11の記憶が徐々に薄れていく中で、また別の場所で震災ともなれば、否が応でも自分の備えについて考えさせられるわけです。

停電状況下でiPhoneを継続的に充電できる仕組みがないことに気がつき、乾電池でiPhoneを充電できるアダプタを買ってみました。

5D327806

センチュリー「LMヘラクレス」

この手の製品の中では高い方だと思いますが、iPhone 6への充電が行えることを謳っているのは意外と少ないです。謳ってないけど充電できる製品もあるとは思いますが、そこに賭けるより間違いなく充電できるタイプを選びました。単三電池を4本使用し、アルカリ電池4本が最初から附属します。

附属するケーブルはMicroUSBタイプなので、MicroUSBをLightningに変換するアダプタが附属しますが、そのアダプタはMFi認証を通っているしっかりしたものです。でもLightningケーブルはけっこう持っているので、ケーブルなしの本体だけの製品があればもっと良かったんですけどね。

5D327805

エネルギーの元となる電池は、近所のコイデカメラで50本1,000円(!)で買ってきました。富士通製ですよこれ。安すぎるけど、大丈夫かなぁ(笑。


センチュリー ヘラクレス(Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)