Audi A3がいつのまにかお買い得に

珍しく還元率の大きなAudi A3の販売キャンペーンが行われています。

1604_a3_navi_01

31万円相当の純正ナビ(MMI)が無償で付いてくるとのこと。

Audi A3については昨年9月に25万円の値下げが行われていて、円安って何ですか状態が続いていますが、そこへきてVW Groupの不祥事などで売れていないのでしょうか。

先日フルモデルチェンジしたAudi A4は同等モデルで前モデル比+150万円近い強気な価格設定で、TVK「クルマでいこう」でも岡崎五朗氏に「価格がバツ」とダメ出しされていました。

今年の夏にはAudi A3は大幅なフェイスリフトが予定されているようで、新型A4に似たソリッドなデザインと、A4やTTで採用済みのスピードメーター部全体が液晶になっている「バーチャルコクピット」も採用される模様。そこに最新の安全センシング技術をてんこ盛りにして、+100万円あたりの価格レンジに持って行ってしまうのでしょうか。いや、現在でもVW GOLF比で+50万円とか言われているのに、そこにさらに上乗せってあるんですかねぇ。まぁ価格の辻褄を合わせる見せかけだけの3気筒モデルとか出そうですが。→本当に出てました(マジデスカ…)

A4はバーチャルコクピットがあってもインパネ中央部に普通のナビ画面が付いていましたが(つまりナビ画面が2つある)、TTではインパネ中央部のナビは省かれていました。A3だとどうなんでしょう? 普通のナビ画面は省かれちゃいますかねぇ。

ところで、気になることがあります。

自動ブレーキなんですが。アウディでは「アウディブレーキガード」って呼んでるんですが。これが今のA3のカタログに載っていません。2014年から標準装備化されたはずなんですが、なくなってしまったのかとインポーターに確認したところ、アダプティブ クルーズコントロール(ACC)の機能の一部としてちゃんと搭載されているとのこと。

しかし自動ブレーキについてはそれが付いている車種はいま一番訴求すべきポイントなんじゃないかと思いますが、なぜカタログから消えてしまったのでしょうか。「カタログ表現上の自主規制?」「A4との小さくない性能差?」「法規制?」「他社比で劣るから?」いろいろ理由は妄想できますが、いずれも嬉しい理由ではないことは共通しています。


Audi Sport quattro アウディ クワトロ 金属ステッカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)