サーキュラーPLの表面に膜が張る現象

久しぶりにサーキュラーPLを使ったところ、ちょっと失敗してしまいました。

5D320830_1

どうも防湿庫で保管していたサーキュラーPLフィルターに、うっすら何らかの膜が張っていたようで、撮っていたカットがすべて低コントラストに。

5D320729

こんな感じです。

逆光気味に撮影していたのでフレアかなぁ…と思っていたんですが、どうにもオカシイのでその場でスマホで調べてみたところ、「表面が薄い白っぽい膜が張ったようににごります。クロスで拭けば簡単にとれ、元の表面に戻ります。」という症状報告がカカクコム掲示板に。試しに拭いてみたところ、確かに曇りが取れました。でも今まで撮ったカットが全部ダメカットになってしまったのは残念。Photoshopの「かすみの除去」フィルターでも失われた階調が帰ってくるわけではないですからねぇ。

なおケンコートキナ社では、PLフィルターには寿命があることを公表しています。私のサーキュラーPLは購入後10年経ちますが、ケンコートキナ社が示すような黄変はしていませんが、何となく以前より効果が弱くなっていきているような気がします。


Kenko PLフィルター サーキュラーPL 67mm コントラスト上昇・反射除去用 367117(Amazon)
Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン(Photoshop+Lightroom) 12か月版 Windows/Mac対応 [オンラインコード](Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)