新EF 70-200mm f/2.8 f/4

Canonの70-200mmの、f/2.8 と f/4.0 が同時に新しくなったそうで。

key-visual

自分としてはf/4.0の方に興味がありますが、口径が67mmから72mmへ、鏡胴もそれに合わせて太くなっていますが、重量は+20gに抑えられています。明るさは変わらないので、大きくなった分はすべて画質に振り向けられたと考えて良いでしょうか。絞り羽根も1枚増えて、手ブレ補正はついに5.0段分に。申し分ありません。(価格以外は。)

5D4B0440

ただ、ふるさと納税の EF70-300mm F4-5.6 IS II USM を入手してからというものの、手元のEF 70-200mm f/4L IS USMの出番が激減。今見たら防湿庫の一番奥にありました。前回本格的に使ったのは1年前の運動会かも知れません。防塵防滴が必要なケースでなければ、70-300mmもけっこうな画質なので使いやすいんですよね…。これだけ利用頻度が低いと売ってしまってもいいような気もしますが、手元から白レンズが1本もなくなるのも淋しいので、持っています。

ちなみにEF 70-200mm f/4L IS USMのマップカメラでの買取額は46,000円。リピート客の下取り交換なら+13%なので51,980円。新70-200 f/4が161,830円なので、差額109,850万円ですね。なんか最近、値崩れしにくい旧型を下取りに出しても、新型との差額が旧型購入時の価格くらいのケースになっていることが多い気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)