GITZO クイックリリースプレート ショートD GS5370SD

B氏がマンフロットのアルカスイス互換クイックシューを購入したのを見て、同じVitec Imaging GroupであるGitzoのプレートも同じ形状なのではないか?と思い、この間購入したアウトレット三脚の付属品を見直してみました。

5D4C1923

…うん、全然違いますね(;´Д`)
同じグループ企業内で共通部品じゃないのかー。

ゴム付いてないんですけど、これは「Gitzoを使うようなユーザーは底面に滑り止めのないカメラは使わないから」という理解なんでしょうか?
(EOSでも下位モデルと上位モデルでは底面の滑り止め素材が違います。)

5D4C1922

こちらのノブはノブは本当に固くていつも爪が剥がれそうになりながら起こしてるんですよね!

5D4C1924

Manfrotto互換のサイド形状ではありません…。

しかしクイックリリースプレートの固定方法って各社なりの工夫があったと思うんですが、ここへ来て一番古典的なアリミゾ+ネジ留め式であるアルカスイス互換に収斂しつつあるというのは興味深いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)