「絶品レンジでパスタ」は確かに「普通に茹でたパスタ」を超えている

書こう書こうと思っているうちにロケットニュースさんに先を越されてしまいました。商用ニュースサイトに先を越されるとなんか悔しいですね(笑。

 

電子レンジでパスタができる商品は以前からありましたが、「これはお湯でゆでるより美味しい」という評判を聞いて買ってみました。家族用としては容量が足りないですが、1〜2人で食べるときにはお湯でゆでるより省エネだし洗い物も減らせるのではないかと思いまして。

 

単なる容器ではなくヘンテコな形をしていますが、この形状にその機能の全てがあります。フタの中央の穴はパスタ100gが測れるだけでなく、加熱されたゆで汁がここから噴き出し、周囲の小穴を経由して中に戻ることで、ゆで汁の循環が行われ、パスタ全体に美味しさを行き渡らせるのだそうです。

 

側面には分量、パスタのゆで時間別に必要なお湯の量が記されています。お湯?そうです。お湯が必要なんです。お湯は沸かさなければなりませんが、やかんや電気ケトルでいいわけですし、普通に鍋で茹でるより少量で良いので光熱費も僅かです。

 

所定のお湯を入れてから、パスタを入れます。ここで注意しなければならないのは、お湯を先に入れて側面の目盛りで測ることです。どうしてもカップ焼きそばなどのノリで麺を先に入れてしまうと、正しいお湯の量が入れられません。一度間違えて(=お湯の量が不足している)カチカチの麺が出来上がったことがあります。

おさらいします。要点は2つ。

・水ではなく、お湯。
・パスタを入れる前にお湯を入れること。

塩は入れても入れなくても良いようですが、私は血圧を気にしているので入れません。

さて、600Wの電子レンジならパスタのゆで時間の規定通りに時間をセットして、チンします。

 

出てきました、ゆで汁のマグマが!

 

ゆで時間5分のパスタなので、5分で完成。ほとんどゆで汁がありません。そのために厳密に計量したわけですね。とはいえちょっと水気が残っている気がしますが、説明書の指定通り10回ほどかき混ぜると、ほどよく吸水されます。

 

ここでフライパンなどに移して凝ってしまうと洗い物が増えてしまうので、和えるタイプのパスタソースで頂きます。(今回はキューピーのバターたらこ)

 

できました。食べてみますと、とてもレンジで作ったとは思えない味です。確かに茹でたものよりモチモチして美味しいです。これは茹でる場合だと流れてしまう「のり」の成分が麺に絡まっているためと考えられます。

使った容器は食洗機にもかけられるので、片付けも洗い物が少なくて簡単です。これはいいものを買いました。今後少人数のときにパスタを食べる機会が増えそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です