JR東海「スマートEX」で1日2往復、新幹線に乗れるか?

以前は職場にJRの発券機があったのですが、最近合理化だか経費節減だかでなくなってしまい、コーポレートカード(会社のクレジットカード)で各自購入するようにーーということになりました。購入の際、JR東日本区間では「えきねっと」を駆使してもいいようなのですが、今度東海道新幹線に乗ることになり、ネット予約ってどうなってるんだろうと調べてみました。

するとライトユーザー向けの「スマートEX(無料)」と、ヘビーユーザー向けの「EX予約(年会費必要)」の2種類があることが分かりました。年会費や割引率を勘案すると東海道新幹線に確実に年間1往復乗るのであれば「EX予約」の方がいいようなのですが、私の場合確実に年1回乗るとは言い切れないので、「スマートEX」の方に登録しました。

「スマートEX」は手持ちの交通系ICカードをアカウントに登録することで、チケットレスで新幹線に乗ることができます。これはiPhoneのモバイルSuicaでもOKなようです。

乗車手順としては予め「スマートEX」のアカウントでWebまたはスマホの「EXアプリ」から新幹線を予約して、あとは当日新幹線の改札に、アカウントに登録した交通系ICカードをタッチすればOKです。

ここで不思議なのは、あまりそんなことはないと思いますが、「東京〜名古屋」を1日2往復する場合、どの予約を適用して乗車するのかを紐付ける手段が提供されていないことなんですね。不思議だったので、問い合わせてみました。すると以下のような回答がありました。

「乗車当日に乗車駅側に予約データおよびそれと紐付けられた交通系ICカードのデータが転送される。ただし、交通系ICカードで乗車できるのは乗車駅ごとにその日の1つ目の予約だけで、その日の同じ乗車駅の2つ目の予約は紙のきっぷを発券しないと乗車できない。」

なるほど!分かりやすいロジックです。スッキリしました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)