ソニーの一部GPS搭載カメラで日付が誤って設定される事象が発生中

ソニーの一部GPS搭載カメラで日付が誤って設定される事象が発生しております。

ソニー お知らせ:一部のデジタルカメラ・ビデオカメラ・デジタル録画双眼鏡における日付設定が正しく表示されない等の事象発生について

上記のリンクにも一部記載がありますが、これは「週数ロールオーバー」と呼ばれる現象で、GPSの日付情報の一部である「週数」が10bitで表現されているために19.6年に一度「週数が0に戻る」現象が発生するものです。前回は1999年8月に発生しています。

ソフトウエアをかじったことのある方なら分かると思いますが、GPS送信側が1999年8月に一度リセットされても、製品開発(または製造、発売)時のGPS週数を下回る数字が受信された場合には1024を足す、という処理にすることで「1999年8月から19.6年間有効」ではなく、「製品開発(または製造、発売)時期から19.6年間有効」という仕様にすることができます。こうしておけばもっと被害が少なかったのに…と思います。(実際そういう実装をしているメーカーもあるようです。)

我が家でもメインのビデオカメラはCanon HF G40(ムスメの友達からは「ガチカメラ」と呼ばれている)ですが、私が撮影に行けない/行かない場合のツマ用のビデオカメラとして HDR-CX550V (2010年発売)が活躍中。

今回ソニーから公表された不具合リストでは新しいものでは2013年の機種で不具合が発生していることから、ワーストケースで「買って5〜6年で機能死亡」な状態になっているわけです。私のは「買って9年目」なので若干モヤッとするものの諦めろと言われれば引き下がらざるを得ませんが、買って5〜6年ではちょっと切ないですよね。

最近日付がおかしいので「時計保持用の内蔵キャパシタがへたったか?」と思ったのですが、おかしいのは日付のみであることと、屋外で使った後に必ずおかしくなることから、GPS系を疑い、首記の情報に行き当たった次第。

 

ソフトウエアバージョンアップなどのサポートもなし。GPSによる自動時刻設定を切れ、というのがCX550Vに対するソニーの公式対応。

 

自動時刻補正、便利だったんですけどね。

大手メーカーでは不具合が出ているのはソニーくらいのもので、キヤノンなど他の大手メーカーのGPS搭載機器では不具合が出ていない様子。あとは不具合が出ているところはユピテルやガーミンなどの中規模、小規模なメーカーの製品が多いようですね。

時刻だけでも合っていると不具合に気がつかない場合があるので、ソニー製GPS搭載カメラをお使いの方は一度日付が正しいかどうか確認した方が良いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)