富士フイルムの(少し古い感覚の)矜持

フジのX-T30を買ってユーザー登録したところ、ポイントが貯まりました。そのポイントを使って引き換えた景品が届きました。ケンコー・トキナーの「つつむきんちゃく」なんですが、案内状と一緒に入っていた景品にはご丁寧にも富士フイルムの包装紙が。

景品で自社ロゴ入り包装紙って、なんか百貨店全盛時代というか、古き良き昭和の感覚を覚えるのは私だけでしょうか。しかも案内状にはご丁寧にも簡易包装を詫びる添え書きが。いやこれ、今の水準からしたら全然簡易包装じゃないと思いますよ?(笑 イマドキの簡易包装っていうのはこの商品に直接宛先ラベルを貼って郵送してくることだと思います。

プレゼントなんだからちゃんと包装しなくちゃ、という、ある意味今の日本が失ってしまった感覚を持った人が富士フイルムにはいるんだなぁと感じました。 時代に合ってるかどうかは別問題ですよ! いやハッキリ言えば古い感覚だと思います。

でもすごい、懐かしい感覚を想起させて貰いました。昔はこうだったよね…。

 

ところでケンコー・トキナーの巾着はさすが買ったら1,500円くらいするだけあって、とてもいいものでしたよ。表皮と裏地が別素材で、裏起毛だし。リピ買いしてもいいかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)