EOSで Teal & Orange / Velvia / ETERNA

FUJI X-T30を購入して「フィルムシミュレーション」の知見を得たので、EOSシリーズ用の「ピクチャースタイル」機能を使ってフィルムシミュレーションっぽいことをする「ピクチャースタイルファイル」を作成しました。このエントリーの末尾からダウンロードできます。

 

EOS R / Standard

これはスタンダードモードで撮影した基本の画像。

 

 

EOS R / ETERNA

フジのフィルムシミュレーションの「ETERNA」でカラーチャートを撮影し、目測で合わせ込みました。おそらくご要望が多いのではないかと思いまして。

 

EOS R / Velvia

フジのフィルムシミュレーションの「Velvia」でカラーチャートを撮影し、目測で合わせ込みました。実はフジのフィルムシミュレーションの「Velvia」を使って驚いたのは、キヤノンのピクチャースタイル「風景」は「肌色のよいVelvia相当」になっていること。Velviaの特徴である「肌が硬くなる」を改善したのがキヤノンの「風景」モードに見えたのです。よって、キヤノンユーザーは普通に「風景」を使えばVelvia相当の結果を得られるのですが、ちょっとVelvia風味が薄いのも事実なので、これはあえて通常の「風景」モードとの差異を感じられるようにVelvia風味を濃くしたものです。万能なのは「風景」モードですが、フジのエッセンスを感じたい場合に。

 

EOS R / Teal & Orange

これはフジではないですが、最近SIGMAのカメラに搭載されて一部界隈でブレイクしたTeal & Orange モード。SIGMAのものはもう少し暗部が青に寄っているように感じるのですが、キヤノンのピクチャースタイル作成ソフト(ピクチャースタイルエディタ)では暗部を極端に青に寄せることができずに断念(少しだけはできます)。なので、SIGMAっぽくはなく、Teal & Orangeの雰囲気を感じられるもの程度になっています。

 

EOS R / Standard

 

EOS R / Teal & Orange

SIGMAほどではないですが、雰囲気は出ますよね(笑。

 

各ピクチャースタイルファイルのダウンロードは以下より:

EOS用ピクチャースタイルファイル ETERNA (Ver.4)

EOS用ピクチャースタイルファイル Velvia (Ver.4)

EOS用ピクチャースタイルファイル Teal & Orange (Ver.3)

 

Ver.3とか4になっているのは、画面上で合わせ込んでも実際の撮影結果が合わない、ということが多々あったため、作成→実写→手直しを繰り返したためです。これはフジとキヤノンの双方でカラーチャートを撮影する際の条件を厳密に合わせられなかったことと、色の合わせ込みに使っているiMacのモニター周りの環境光が一定ではなかったことに起因していると思っています。

5/4 21:45補足:Lightroom用も作るのです…と言われた気がしたので、Lightroom用のTeal & Orangeも作ってみました。こちらは暗部に青色を付けられるので、EOSピクチャースタイルよりは多少SIGMAっぽくできたと思います。

Lightroom用ユーザープリセット Teal & Orange (Ver.3)

EOS R / Adobe Lightroom / Teal & Orange

 

「EOSで Teal & Orange / Velvia / ETERNA」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)