RF 70-200mm F4L IS USM, RF 50mm F1.8 STM

RFレンズの売れ筋2本が出ました。

(1)70-200mmの白レンズのF4通しと、(2)50mm撒き餌レンズです。

まずRF 70-200mm F4L IS USMから。

一昨年のCP+で見た気がしていたのですが、あれは70-200mm f/2.8 でした。EF 70-200mm の美点の一つである「ズームしても全長が変化しない」仕様はあっさり捨てられ、ズーム繰り出し式になりました。それでも持ち歩くときコンパクトな方がいいでしょう?という提案です。実はEF 70-200mmもワイド端ではあの長さはまったく必要なくて、一番長くなるテレ端で必要な長さに合わせて全長が決められていた、というような話も聞いたことがあって、そうなると空気を運んでいたのか…と残念ぶることも一応は、できます。

しかし標準便利ズーム RF 24-105mm F4とほぼ同じ大きさで70-200mm F4というのはかなり魅力的。伸びる部分の防水性だけ気になりますが、価格もEF II型の約1万円増しとRF L レンズにしては良心的。実売16万円くらいですかね。

なおAF駆動はナノUSM。何だよリングUSMじゃないのかよ、と残念な気持ちになりますが、もう動画用途を無視できないので、スムーズかつ静音で微量の駆動ができないリングUSMは、動画用途が想定されるレンズには今後採用されることはないでしょうね。さすがこのクラスになるとフードが付属するのはグッドです。フィルター径もRF 24-105mm F4と同じ77mmに抑えてきました。

これは絶対に買う予感がプンプンします。 ただ子供が大きくなってしまった現在では、この70-200mmクラスの望遠を使う機会が半減どころか1/4以下になってしまったのも事実。撮りたい物があるから買う、ではなくて、買ってから撮りたい物を考える、というスタイルになりそうです。いつ買えるかは分かりませんが。

 

次に撒き餌レンズ。RF 50mm f/1.8L STM。ジコジコ言うレンズが1.6万円とかなので、STMで2.6万円ならまぁそんなものかという印象。

ただ、以下はキヤノンの公式作例なのですが、ボケがちょっと硬すぎやしませんかね…? この価格で文句を言ってはいけないのかも知れませんが、RF 35mmがとても良かったのでちょっと気になってしまいました。

これはちょっと後回しかなぁ。先日出たRF 85mmか、上記の白玉が先のような気がします。RFネイティブレンズのカリッカリの描写は目を疑うほどですが、手元のEF 50mm f/1.4 USMや、Zeiss Planar もなかなかのものなので。

しかしRFシステムラインアップの価格水準を考えると、EOS R/RPはバーゲン価格だったなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)