EOS R / R6 外観比較

キヤノンのスペシャルイベントを前に、EOS R6の外観画像が流出しました。ざっくりEOS Rと大きさを比較してみます。

 

赤いのがEOS R。背の高さはほぼ同じ、EOS Rは右手側に幅が少し大きくなっていますが、概ねサイズはキープされています。ただ、増えた操作系を収めるためか、SETボタンがかなり左に来ているのが分かります。もしや液晶が少し小さくなっていますか…?

何と言っても違うのは上面。背面方向にとても厚くなっています。グリップも大型化。「はと胸」デザインになり、ミラー付きのEOS 5D Mark III/Mark IVに近いデザインテイストになった気がします。ただ、上面液晶の代わりにモードダイヤルが置かれているので、どうしてもEOS Kissっぽさは否めません。EOS RPも同じ位置にモードダイヤルが付いていますが、ボディが薄いせいかKissっぽさは感じません。しかしR6はずんぐりむっくりしているせいか、Kissっぽさを感じますね。

にわかサイトの中には「R5と同じデザインテイストのR6」なんて書いているところもありますが、全然違いますよ。R5がRの延長にある、やや角張って&面取りして薄く見せるデザイン、R6はEOS Kissと5D系をミックスしたような「はと胸」デザインです。

画像合成ミスなのか分かりませんが、R6は光軸に対して少しアクセサリシューがオフセットされているようにも見えます。あれ、そういえば背面ダイヤルが付いたと言うことは、モードダイヤル右のダイヤルは何に使うんでしょうか…?

謎のタッチバーに代わって待望のスティックが付いたことと、EOS上位モデルのアイデンティティだった背面ダイヤルが付いたことで、いよいよミラー付きEOSからの乗り換えが進みそうです。

エンプラボディとも噂されているので価格は26.8万円くらいではないかと予想しますが、するとマグネシウムボディといえども70万円と噂されるEOS R5との差が開きすぎの感じがします。EOS R5はせいぜいR6の倍の53万円くらいなのではないでしょうか。

EOS RからR6の買い換えを皮算用してみますが(算定基準はマップカメラ)

EOS R下取り…12万円+下取り10%+クーポン3% = 13.6万円

26.8 – 13.6 = 差額 13.2万円

…まぁそんなもんでしょう。私はコロナ禍で給料もボーナスも下がったクチなので手が出ませんが、コロナ禍でもノーダメージだった上に国から10万円もらった方は是非買ってください。

大きさと価格のことしか書きませんでしたが、中身は心配せずとも期待通りなので言及に値しないと言うことです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)