【推しの子】赤坂アカ × 横槍メンゴ

「かぐや様は告らせたい」の赤坂アカさん原作、「クズの本懐」の横槍メンゴさん作画の「推しの子」の書籍版を買いました。

「かぐや様」はドラマ版でジャニーズが出ていることもあってうちのムスメが原作を読んでいたし、世間でも流行していたのも知っていたので、アニメも未見ながらまぁ面白いんだろうと思っていました。

一方で横槍メンゴさんは狂気の女の子を描かせたらもう素晴らしくて(語彙)、繊細さとパンチ力が同居する感じの漫画家さんです。

どちらも独立した漫画家としてやっていける方ですが、それが手を組むということで期待できる…というか初見はそういった分業をされていると知らずにtwitterに流れてきた第一話を読んでしまったのですが、これまた凄い作品に出会ってしまった感じです。

書籍版を購入したのは、1話目を電子版で読んだ印象で、「これは原作者繋がりでムスメも読むのではないか?」と思ったからです。どうかな。

 

人気上昇中の16歳のアイドル「星野アイ」が、その星野アイ推しの産婦人科医「ゴロー」の元に診察を受けに来ます。推しのアイドルが妊娠して目前に現れたことに困惑するゴローですが、子供を持ったことは秘密にして、偶像(アイドル)という嘘を演じきって両方の幸せを手に入れたいというアイの決意を聞き、彼女に協力する意思を固めます。

しかし迎えた出産予定日、そこに主治医であるはずのゴローの姿はありませんでした。言ってませんでしたけどこれサスペンス漫画ですから。

 

何とか帝王切開を回避し、双子の母になった星野アイ。我が子を抱くこの描写にキュンキュンします。

 

アイドルと母の二重生活を両立し、スターダムにのし上がっていくアイ。我々素人が想像するよりはるかに難しい「東京ドーム公演」にまで辿り着きますが、その公演当日に悲劇が起きます。しつこいようですがこれサスペンス漫画です。

 

読み終わってみれば実はこの1巻は丸々プロローグだったという展開。こんな贅沢なプロローグがあるでしょうか。序盤で主要キャラが○○みたいなアニメは結構見たつもりでいましたが、参りました。降参です。

時々挟まれる「本作を振り返る未来の登場人物のインタビュー」がまた程よく伏線になって、緊張感を盛り上げます。

横槍メンゴさんだけでも充分良い作品は描けるのですが、そこにいまノっている赤坂アカさんが原作を書くことで、横槍メンゴさんの絵のパワフルさがさらに際だったと言えます。

ちなみにタイトルの【推しの子】ですが、ダブルミーニングではないかと思います。1巻と、2巻以降では指す人が違いますよね。

アニメ化待ったなしですね。これは放っておかれないでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)