RFマウントアダプタ EF-EOS R 0.71x

RFマウントの発表以降、変態商品を次々にリリースしてサードパーティの出る幕をなくしているキヤノンですが、またなんか出ました。フルサイズ用レンズを小さいセンサーのカメラで使うための縮小光学系マウントアダプタ「EF-EOS R 0.71x」です。

 

そもそもと言えば同時に出たRFマウントベースのシネマEOS「EOS C70」に搭載されているスーパー35mm(ほぼAPS-Cサイズ)でフルサイズ用EFレンズを使うためのマウントアダプタです。製品の左右に浮いているのはリリースレバーが機能しないようにするためのガードのように見えます。

こんな面白アダプタが出てきたら自分の環境で何ができるか考えてしまいますが、今のところ対応レンズは以下の3種類のようです。

EF16-35mm f/2.8L III USM (released in October 2016)
EF24-70mm f/2.8L II USM (released in September 2012)
EF24-105mm f/4L IS II USM (released in November 2016)

…手元に一本もありません(;´Д`)

まぁそれはいいとして、フルサイズRFマウントカメラでわざわざEFマウントレンズの映像をAPS-Cサイズに縮小させるメリットがあるのか考えましたが、どうも明るさが一段明るくなるそうで、そこだけメリットでしょうか。でもAPS-Cで小さくなった分の画質低下とバーター以上(悪化方向)でしょうね…。ちょっとシネマEOS以外での面白用途が思いつきません。

ふと思ったんですが、EOS C70でフルサイズRFレンズをスーパー35mmサイズに縮小するアダプタって作らなくていいんでしょうか?まだRFマウントレンズでシネマ用に適したものがあまりないから、急がなくてもいいのかな…。

なお海外サイトによると価格は概ね6万円のようです。(追記:国内では88,000円税込とのこと。)

EOS R5発売時から続いているEF EOS R マウントアダプタの品薄、まだ解消されていないんですね。(通常は1万円台中盤です。それ以上は転売価格。)

「RFマウントアダプタ EF-EOS R 0.71x」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)