松屋の牛めし(Amazon / 冷凍)に紅生姜が付いた

今年になってからですが、Amazonの松屋の牛めし(冷凍)を買っています。さっき今年4回目のオーダーをしたところです。お買い得なのは「プレミアム仕様」の30個入パックで通常は1万円近いのですが、Amazonのセールで6,000円前後で売ることがありそのときを狙って買います。今回のセールは5,555円(1食あたり185円)で、なんと嬉しいことに紅生姜付き。紅生姜、待ってたんですよ(笑。セブンの安価な紅生姜をはじめ、普通の市販の紅生姜は牛丼に最適化されてないんですよね(主張が強すぎる)。牛丼屋が用意する紅生姜がやっぱり美味しいです。

 

今年は家族の在宅期間が長かったので、冷凍牛丼は重宝しました。これからも当面重宝するのではないかと思います。男のジャンクフードの代表格である牛丼なんかツマは好きではないかと思っていたのですが、この松屋のプレミアム仕様はまぁ美味しいと。子供たちが調理する場合でもご飯さえあれば電子レンジで完結するので安全ですしね。(熱々なのでやけどはしますけど。)

個人的には吉野家の冷凍牛丼を松屋のプレミアムの価格で投入して欲しいんですけど、安売りしないんですよねぇ。吉野家。松屋プレミアム仕様のセール価格の2倍くらい(1食あたり400円近く)するので、それなら吉野家は店頭お持ち帰りでいいや、と思ってしまいます。(そして冷凍松屋で済ます機会が増える。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)