GoProの自由雲台「SWIVEL MOUNT」

GoPro純正の自由雲台を買いました。SWIVEL MOUNTと言います。国内では「ボール・ジョイント・バックル」と呼ぶ場合もあるようです。

本家直販から買うと約2,000円、国内並行輸入品が3,270円とかなり価格差があるのですが、本家直販は7,000以上購入しないと送料2,500円がかかります。一瞬「MAX LENS MOD(MAXレンズモジュラー)」も一緒に買って送料無料にしてしまおうかとも思いましたが、MAX LENS MODの使いどころがいまひとつ思いつかず、無用な買い物をするのもアレなので、並行輸入品を買いました。MAX LENS MODって創造力を試されますよね。技術的にすごいのは分かるんですけど、MAX LENS MODがない状態で何かまずいか?と言われればそんなこともなく、表現方法にバリエーションが増えるだけです。

 

で、話を戻してSWIVEL MOUNTですが、いわゆるGoProマウントの自由雲台ですが、ボールマウントの部分を締め付けるネジがありません。どうやって固定するかというと…固定の必要がないくらい固いのです(笑。すなわち、曲げるのもすごい力が必要です。したがって撮影中に不用意に向きが変わってしまうことは少ないかと思いますが、レビューを読むとさすがに軸が水平方向を向くように使うと振動で動いてしまうようです。基本的には軸を鉛直方向にして使うもののようですね。

これはサクションカップなど固定の方向が制限されるものを使うときに必需品のようなもので、よく今までこれを買わずにGoPro使ってたな、と自分で不思議になるほどです。たとえば自動車のサイドガラス(合法的には内側)にサクションカップを貼り付ける際、これがないと完全に前方か完全に側方しか向けませんが、これがあると斜め前方の撮影が可能になります。

一般のカメラ用の小型自由雲台に変換アダプターを噛ましても良いのでしょうが、トータルではこれより高くなってしまいますし、システムのコンパクトさの観点からも本製品がベストチョイスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)