むっちーと米沢牛

むっちーがJoshin米沢店の閉店セールのお手伝いに来ているというので、私も仕事の関係で近くにいたものですから様子伺いに行ってきました。

閉店セールなので掘り出し物あるかな?と少し期待したのですが、特になかったです。残念。 ガンプラの売れ残りは意外にも主役機、MGEXユニコーンでしたよ…? やっぱ高いものは閉店セールでも売れないのか…。

むっちー元気そうで何より。昨晩米沢牛食べたので朝は抜き、お昼は軽めにしたんだって。会うのは何年ぶりでしたかね。なんかの用事で数年前に東京駅で会ったような。

 

私も折角久々に米沢に来たのだから、牛食べていこうと思いまして、駅前の何店舗か回ってみたんですがどうも敷居が高い感じがして(;´Д`)無難に道の駅の「牛毘亭」にしました。道の駅のレストランなのにやたらと本格的なこのお店、お客さんは私独りでしたが…。

シェフのおすすめ食べ比べ「米沢牛ステーキ2種類盛りランチ」をいただきました。

ランチメニューなのにアペタイザーから出てきたのは驚きましたが…。

人参のムース。何がビックリかって、これ下に牛スジみたいなの入ってるんだぜ…(笑。期待させてくれます。

このあと「かぶのスープ」「サラダ(トマトが甘かった…)」と続いて、メインのステーキ2種盛り。

 

小ぶりなお肉が2枚。見た感じ130gくらいでしょうか。右が「内もも」、左が「とも三角の霜降り」(後ろ足の付け根の肉)だそうです。

 

もう美味しさについては言わずもがな…。「内もも」は赤身肉ながら柔らかくいい肉感満載。「とも三角霜降り」は脂と赤身の味が混沌一体となって攻め込んできます。すごく丁寧に飼育された感が伝わってくる肉でした。道の駅といえど、米沢侮れないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)