高校入学のムスコ用に、電子辞書を半額で購入

高校入学のムスコ用に電子辞書を買いました。学校の指定は「紙の辞書か、電子辞書であれば英単語見出し10万語以上収録のもの」ということでした。ムスメは確か学校が始まってから電子辞書を買った記憶があるのですが、ムスコはもう最初から。私としてはお遊びコンテンツ満載の機種で雑学を身につけて欲しかったのですが、ツマとムスメから「余計なコンテンツは誘惑になるからダメ」と猛反対に遭い、だったらということで、ビジネスモデルを選択。(ムスメ用の電子辞書はお遊びコンテンツ満載なのに…)

もちろん、高校生向けモデルとかあるんですけど、足元を見るように却って高いんですよね。ビジネスモデルの型落ち、これに限ります。

選んだのは姉と同じカシオ製の、XD-SR8500GY です。2019年末モデル。定価4万円超えのちょっとした高級機ですが、現在Amazonでは半額の20,620円で売られています。遊びコンテンツは一切なしの硬派なモデルです。

 

若々しさとか学生らしさとは全く無縁(;´Д`)おっさん臭いとも言いますが、ムスコが好きなNISSAN R32 GT-R見たいな色でいいんじゃないでしょうか。

 

バッテリーは単三電池式。手持ちの電池があれば、電池切れの時に充電時間が不要というメリットはあります。

上位モデルのせいか、または世代が新しいからなのか、液晶は姉の使っているカシオよりずいぶん解像度が上がりましたね。iPhone のような Retina とは言いませんが、準Retinaと呼んでもいいような解像度です。

ただクラスの中でも電子辞書を持つ生徒はどちらかといえば少ないと予想されるので(姉の学校は私立だったので電子辞書が主力でしたが、ムスコの学校は公立なのでそこまで普及率は高くないと予想)、盗まれたり壊されたりしないことを祈ります。そのリスクを補ってあまりある学習効率の良さは、姉で実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)