損保ジャパンの、実質延長保証

クルマも新車から5年を超えたので、昔見たこれを思い出しました。

損保ジャパン:「故障運搬時車両損害特約」

要は、今まで保険でカバーされなかった自動車の自然故障を、保障しますよ、という保険です。保険の体をしていますが、車齢が5年(60ヶ月)を超えないと入れない特約で、実質延長保証みたいなものでしょう(正しくは自動車メーカーの延長保証の実態が保険なのですが)。

保険料は平均で月額平均2千円だとか。クルマによって変わるようで、ウチのA3だと月額4千円くらいするかも知れません(推定)。年間5万円。まぁ5年目を超えたクルマの保障料としてはそんなものでしょう。Audi自身が提供するA3のの4〜5年目の延長保証だって2年間で8万円以上しますし。

ただ、自動車メーカーの延長保証と違うのは適用条件がかなり限定的なところで、

ご契約の自動車が故障により走行不能となり、かつレッカーけん引された場合

らしいんですね。これ、かなり敷居高くないですか。すごい異音がしていても走行できたら保証外なんですよ。クラッチが滑りまくってても走れれば保証外。完全に停止するまで保険金は出ません。初号機が完全に沈黙してもその後再起動したら「そんな!動けるはずありません!」とか言い訳してもアウトです。

5年目を超えたクルマの保障に手を出す心意気は買いますが、ちょっと現実的な商品ではないかなぁという気がします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)