HG L-GAIM & L-GAIM Mk-II

デザイナー永野護氏の出世作、L-GAIM と L-GAIM Mk-II のHGプラモデルを買いました。スケールは一応1/144。L-GAIMは一般店頭販売されますが、Mk-IIの方はプレバンでしか売らないと聞いています。よって、両方まとめてプレバンから。

先日アニマックスの再放送を見たら、タンーエガンダムに似たエンディングだったので驚きました。子供の頃はそんな印象的なエンディングだと思わなかったのですが、今見返すとなかなかジワジワきますね。富野監督は問題を抱えた女の子と一緒に隠居する結末がお好きなようで…。

 

HGなので、パーツ数はそこそこ。ガンダムと違ってマーキングのない世界観なのでデカールも付属せず、素組みではちょっと見栄えがしません。部品点数が少ないゆえ意外なところに塗り分けポイントが存在します。

 

たとえばエルガイムの見所のひとつ、脚のすねのオープン機構ですが、開いた装甲の裏は裏打ちパーツがないので、さすがに塗るしかありません。ただ、ここだけ裏側を指定の紺色に塗ると、表面に透けて全体の統一感が損なわれるのでは…うーむ。とはいえ、全部のパーツを裏塗りするのもばからしい…。

 

背中のバインダーの上半分も、2色に塗り分け必要。

 

バインダー下半分も二色に塗り分けが必要です。

簡単にトップコートで済まそうかと思っていましたが、紺の箇所を塗るとなると、全ての紺の箇所を塗らないと統一感が出なさそう。一度素組みして考えてみたいと思います。

いやいやむちゃくちゃ転売価格になってますやん…これ定価三千円後ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)