ブルーインパルス

本日より東京オリンピックが開幕ということで、ブルーインパルスが都内を展示飛行。この日のために新開発した、下界への影響が少ないであろうカラースモークを披露。私はといえば観に行きたい気持ちはありながら、まぁ出かけるなと言ってるしな…という気持ちで見送り。しかしニュース映像を見る限り、皆さんかなり気にしない感じで都内集結されていたので、そんなんだったら自分も観に行けば良かったかなとチョット後悔。

私のSNSのTLでも観に行った人が多数ながら、中にはご自宅の近くを通過するというのにお構いなしに久里浜にドライブ&散歩に行ってしまった方とか、富士山にアタックしている方とか、自宅近くの歩道橋で旋回ポイントに構えて待っていたのにコース微変更で空振りしてしまいブルーになってしまった方とか、東京のシンボルと絡めるにしてもその真下に行くのは素人と考える人とか、みんな仕事しろ!と吠えてる人とか、様々で面白かったです。

ざっと見た中で一番感嘆したのは、普段は人の写真をすごいすごいと褒めているのにいざ自分がシャッターを切るとなるとなにげにベストショットを引き寄せてしまう東京カメラ部社長ですかね。今回の五輪を描くところは風が強くて完全な円にはならなかったので、崩れる前の一瞬を捉えた塚崎社長のショットは「崩れずにきれいに描き切った五輪」を想起させるという意味で素晴らしいです。

あと報道写真とかを見た中ではお台場。お台場が意外と良かったですね。お台場に五輪のモニュメントが置いてあるんですけど、その向こうの空にちょうどブルーインパルスが五輪を描いたのです。あそこなら密にならないでしょうし、良い選択だと思います。ただ、普通はあそこから代々木上空が見えるとは考えないよなぁ…。あそこに構えたマスコミのカメラマン、さすがのプロです。

 

次の展示飛行はパラリンピック、8/24(火)だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)