ガイアノーツ サーフェイサーEVO

HGメッサー(指揮官機)塗っています。

 

塗っている一方で、塗る前に少し成型の手直しもしています。たとえばメッサーのチャームポイントは腰のフロントアーマーだと思っているのですが、そこの成型が少しダルかったのでシャープに研ぎ出したところちょっと失敗、大きなキズを付けてしまいました。

パーツを注文しようかなとも思いましたが、皆さんこれくらいのことでいちいちパーツ発注していないようなので、自分も修理することに。パテが必要なほど深いキズではないのでサーフェイサーかなと、評判の良い「ガイアノーツ サーフェイサーEVO」を初めて使ってみました。いわゆる「塗りパテ」です。

スケールモデラー界隈に言わせると、ガンプラモデラーのサーフェイサーに対する無条件の信仰は異常に映るらしいので警戒していましたが、まぁこういう用途ではしょうがないですよね。使うしかありません。

筆で塗って乾燥後、研ぎ出します。

 

どうなんでしょう、スプレー式のサーフェイサーだとキズの洗い出しが容易のようなのですが、筆で塗るタイプのサーフェイサーだといまいちキズが消えてるかどうかの感覚が分かりません。まぁ消えてると信じて、次に時間ができたときに塗ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)