アルカナディア ルミティア(プラモデル)

HG メッサーがもう少しで完成というところで、コトブキヤの「アルカナディア・ルミティア」のプラモデルが着弾してしまいました。コトブキヤと言えばフィギュアだと思いますが、マックスファクトリー同様、プラモデルも手がけているようです。なおバンダイの「まほうのルミティア」とは無関係です。

 

ガンプラのような光沢コートの箱ではなく、つや消しのフィギュアの箱に近い紙質の箱です。ちなみにMade in Chinaです。金色の文字や装飾の部分はエンボス加工されています。

 

大きさは一般的なHGガンプラと正面寸法は同じくらいで、厚みは二倍くらいあります。なお比較対象は最近発売になった腰のアーマーがふにゃふにゃする素材のザク。

 

そしてどんどん後回しにされるハイパーギャン子。まだシールドしか出来ていない…。すまぬ…

 

このシリーズはゲーム化もアニメ化もされていないと思うのですが、オリジナルIPがプラモ化されるのは珍しいと思います。キャラクターデザイン・イラストは necömi 氏

 

マルチカラーキットなので、素組みでもそれなりの完成度にはなります。

 

なんかガンダム00とかWで見たことある気がする!

 

顔はバンダイのフィギュアライズラボのような、瞳を多色成型で再現する変態技術ではなく、タンポ印刷で再現されています。表情は4種類付属しており、差し替えることが可能です。顔以外にもアンダーアーマーと首飾りは着色されたパーツが付属します。なおこれらの塗装は有機溶剤で落とせることが取説に明記されています。裏を返せば有機溶剤付着で溶けてしまうと言うことです…!

 

部品注文票はコピーでの使用不可。つまり1回しか注文できないと言うことです。これは緊張する…。

 

どこまで塗るかは悩ましいところですが、少なくとも金色パーツは塗りたいかな…ちょっとこのままでは食玩っぽいので。

 

お祈りハンドパーツが付属します。天使ですからね。

 

さて、このキット最大のハイライトの「羽根」ですが、この写真は塗装した状態。パーツは白一色ですが…

 

まさかの多段1パーツ成型。これはどうやってグラデーション塗装すればいいのでしょうか…。

という分けで、百均でパステルを買ってきました。

 

これを綿棒で擦りつけてみましたが…うん、まぁ、これでもいいかな…あながち間違ってはない気がします。この上からトップコートを塗れば定着するよね…?

ただ説明書の写真だともう少しはっきりしたピンク紫なんだよなぁ。コピックとかでやるんだろうか。もう少し塗装法考えてみます。そのうち諸先輩方の超絶技巧の作例が出そうです。

まぁまずは、HGメッサーを完成させます。もう少しなので。

 

なおファーストロットは軒並み売り切れですが、1月中旬に再販予約があるとのことなので、興味を持たれた方はそれを待ったほうが良いかと思います。定価は6,930円です。

「アルカナディア ルミティア(プラモデル)」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)