プラモデルやフィギュアは強固に固定すればいいものでもないという話

昨晩の地震どうでしたか。ミュージアムワックスはやはり少し弱い感じがしましたが、では強ければいいのかというとそうでもないという話です。

1/8 アスナ アインクラッドのアイドルVer.ですが、台座を耐震ジェルで強固に固定したところ、昨夜の地震の揺れでスタンドと本体を結合するダボが折れてしまいました。

 

これは修理が面倒くさいやつですね。接着剤では強度が足りず、アルミ棒か真鍮棒でダボを作り直さないといけません。

元々片足で立っているものでしたが、しかも今回初めて知ったのですが、足の裏に開いている2つの穴のうち、大きい方の穴は割とガバガバでした。つまり、実質1本のダボで支えていたことになります。直径は2mm。そりゃ折れますって。元々折れる寸前だったのかも知れません。これは地震の時はスタンドごと転倒させるのが最も正解に近いような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)