HG 1/144 ドアン専用ザク 3次予約受付中

「作画崩壊」を肯定したククルス・ドアンのザクのプラモ化ですが、現在3次予約が受付中で、既に18時間ほど受付可能状態にあります。1次、2次は割と瞬殺だったのと、それほど長く見ていたいデザインでもないため(←ひどい)逡巡したのですが、まぁファーストガンダムの映像化はこれで最後でしょうし、記念に買っておくかと。作るにしてもこのザクに関しては筆塗りで仕上げるのがいいんでしょうね。

なおこのプラモデルは一般販売されず、現在のところプレミアムバンダイ限定のようです。となると、ボックスアートは一色刷りなんですかね。これがプレバン限定商品となると、映画「ククルス・ドアンの島」の興行自体がかなりニッチ商売と予想されてるってことなんでしょうね。以下のようにカッコイイCGまで作られているので、せめてボックスアートはカラーで刷って欲しいところですが、対になるガンダムの方は「『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』劇場キービジュアルを使用したフルカラーパッケージでお届け!」とわざわざ明記してあるので、その記載がないと言うことはザクの方は一色刷りですかね…。

 

TV版15話「ククルス・ドアンの島」は「作監込みで外注のスタジオに丸投げ」したことが安彦氏から語られていますが、その心を打つストーリーとは裏腹な作画崩壊っぷりは伝説となり、フルアクションの立体化をする方まで現れる始末。そして映画化に際し、まさかの作画崩壊の肯定、ドアン自身でそれらを用い機体の補修・改修を行っているために異形であるという設定が正式採用されたという経緯があります。ただ、さすがにバンダイが販売する商品としては極端なデフォルメはできなかったようで、最低限の品位は残してありますね。

3次予約は12月発送なので劇場公開の興奮が冷めた頃にお届けになるかと思いますが、まぁ楽しみにはしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)