SONY WH-1000X M5

そういえば福岡のソニーストア福岡天神で、WH-1000X M5を初めて見ました。装着して試聴もしてみました。

 

これは1000X M4の上位モデルではなく、バリエーションモデルですね。音質も結構違うし、装着感も違うし、ルックスも可動範囲も違います。

具体的には、1000X M3〜M4あたりで採用されていた、頭頂部にアームがあたりにくくなる仕組み(卵形形状)がなくなり、再び頭頂部に当たりやすくなっています。そしてドライバー径が40mm→30mmに小型化されたことで、相応の音になっています。このあたりは物理特性なので真素材とか製法とかでは超えられないものはあると思います。折り畳み機構もオミットされましたが、そのお陰でスッキリしたデザインになっています。伸縮時に金属パーツが見えないので、どんな頭の大きさでも見た目の変化が小さくなっています。

これは機構的には完全にSonyが作ったAirPods Maxであって、AirPods Max的なものが欲しいけどAppleじゃちょっとなぁ、という層に向けた製品だと感じました。1000X M4とはおそらく併売されるでしょうから、もう完全に好みで選んで良いと思います。ただM4と比較検討するにしてもこちらのほうが3割(約1万円)ほど高いんですよね。AprPods Maxと比べたら1万円以上安いんですが。M5と比べて、自分はいま使っている1000X M4の方が音と装着感は好きかな…と思いました。外見はM5の方がカッコイイと思いますけどね。M5を見た後だとM4以前は野暮ったく見えるのも事実です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)