水星の魔女 PROLOGUE

私は7月にGFYで一度観たので2回目ですが、いくつか気づきがありました。

1.4歳の誕生日の4本目のろうそくは、父親。いかにもガンダムっぽい…
2.ガンド・アーム(GUND-ARM)→ガンダム(Rどこ行った)
3.GFYでは黒画面になっていた狙撃シーンがきちんと描かれていた
4.エンディングに絵が付いた

しかし2回観ても違和感が消えなかったのは、ガンダム開発を凍結したからといって、開発の関係者が抹殺されるのってどうなんですかね。身柄拘束くらいならまだ分かりますが、どうして即狙撃なんですかね。「評議会」という民主主義っぽい会議体の裏で狙撃指示とか、同じ世界線の話に感じられません。

今回初めて見た方からは、「学園ものだと聞いてたのに!」という阿鼻叫喚めいたものが聞こえてきましたが、PROLOGUEなので、来週からはちゃんと学園ものだと思います。お誕生日のケーキとは何たるかを教え込まれたガンダムのAIが、最終回あたりの伏線になってたりするのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)