物欲納め(FinePix Z5fd)

Finepix Z5

今年最後の物欲というか、アマゾン・ドットコムという名のサンタさんが妻宛に持ってきた。

なおムスメによると、パパはすごく怒るからサンタさんがプレゼントを持ってこないということになっているらしい。遊んだ後片付けなかったり、食事を放棄したり、DS壊したりするのはお前だろ。しょぼーん。

デジカメWatchのレビューはこちら

妻が古い三洋のデジカメで、室内撮りのブレ写真や、フォーカス中抜け写真を量産するので、何とかしなければならないと思いサンタさんにお願いした。デジカメの進化は著しく、待てば待つほど良い機種が出てくるが、子供の成長は待ってくれないのだ。

この機種の評価ポイントは:

・携帯に便利な薄型。
・1ボタン操作でISO1600まで自動で増感される「手振れ軽減モード」が設定できる。
・1ボタン操作でフォーカスの中抜けが防げる顔検出機能が設定できる。
・小さな子供のいる家庭に似合う「エビ」ピンク。

逆に欠点は:

・xDピクチャカード使用。できればSDの方が良かったな。
・バッテリーが逆に挿入できてしまい、電源を入れるまで気がつかない。
・充電器(ACアダプタ)が大きい。しかも本体充電。充電器付けてくれ。
・顔検出は傾いた顔(かしげた顔)には無効。
・このサイズではやむを得ないと思うが、持ちにくく華奢に感じる筐体。

画質は上記のデジカメWatchのレビューの通りなのだが、高感度撮影時にはそれなりの荒れが見られ、納得できるのはL版プリントまでだろう。それでもこのサイズで簡単に高感度撮影ができるデジカメはこれが唯一の存在なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)