レミオロメンのライブ映像の音声をiPodに入れたい

2007年02月18日分に書いたレミオロメンの件、CDはCDで良いのだが、放送されたライブビデオも音源としてなかなかよさげなので、iPodに入れられないかと考えた。

放送はDVD-RAMに録画したのだが、BSデジタル放送を録画したもので、CPRMと呼ばれる暗号化が行われた状態で記録されているため、通常のリッピングソフト類が使えない。さて困った。

結局、手持ちのPanasonic DVD-RAMドライブLF-M860の付属ソフトのPowerDVDを使ってThinkPadでDVD-RAMディスクを再生し、ヘッドホン端子経由でiMacでアナログ録音し、AIFFファイル化した。これをiTunesでAACに変換した。

CD Spin Doctorが前述の通りToast6に付属のものなのでintel Macでは動かず、録音したAIFFファイルをうまくトラック分けすることができなかった。できたことと言えばせいぜいiMovieに取り込んでCM部分をカットをしたくらいであり(映像なしのCMカットって難しい…)、約80分の1本のオーディオファイルになった。「ひるの歌謡曲」を使えばうまく分けられそうな気もするが、色々悪戦苦闘している間にツマがふて寝してしまった上、日付が月曜日になってしまったので時間切れで終了。

80分の長尺の曲をiPodに入れて気がついたのだが、ホイール回転操作による早送りは、「ホイール1回転当たりの早送り量は尺に依存しない」ようで、長尺の曲でも目的の箇所に早送りするのが容易で使いやすかった。しかもずっと回しているとちゃんと加速する。これは凄くきめ細かい制御だ。下手な日本製品より心配りが効いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)