実家の困ったものシリーズ

初歩のラジオ

なんと言っても「初歩のラジオ」の山。裏部屋の本棚から格下げになって、ポリの衣装ケースに入れられてた。俺の教科書。学校の教科書は捨てたけど、これはとってある。たぶん50~60冊くらいある。どこかでPDF化して発売してくれないかなぁ。

鮎川麻弥

TOUGH BOY

次に困るのはレコード類。Z・刻をこえて 12インチシングルとかTOM☆CAT TOUGH BOYとか…最近流行りのUSB接続のレコードプレーヤーを繋いでやれば生き返りそうだけど、もうたいてい別の音源があるからなぁ。第一、重いんだよな。

PM6100

PowerMac 6100/60。なんかハードの調子が悪かったような。VRAMにゴミが出るとか。でもデザインかっけーんだよなー。

DTC-59ES-1

DTC-59ES…空き箱だよなぁ…と思って開封してみたら、

DTC-59ES-2

…入ってたー!

手放してなかったのか、俺。弟にあげたんだっけか? でも今更DATが出てきても…どうしよう。DAT機器は2005年末に出荷が完了しているので貴重品だと思うし、こんなにピカピカだと売却するのも気が引けるが、発売が1992年らしいので、そろそろケミコンの寿命が来るはず。

MZ-2500

SuperMZ(MZ-2500/2521)…弟のだけど。設計はカネかかってたなぁ。

Quickdisk1

Quickdisk2

QuickDisk…MZ-1500自体がもうアレなので。どうしろと。

VF-1S

可変バルキリー…これも弟のだ。当時はタカトクトイスだっけ、発売元。

アーマードVF-1S

アーマードバルキリーにするセットも…。

田宮1

田宮2

田宮3

田宮模型の色々。これも弟のだったような。

いずれも夏には灼熱地獄になる部屋に放置されているので、夏までには何とかしなければ。特にレコード。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)