Safari 禁則処理CSS設定 決定版

昨日のSafariの禁則処理問題の仮解決のあと、実は
田畑氏がさらに良い方法を編み出してくれた
(またもやありがとうございます。)

今回の方法は、

 word-break: normal;
 word-wrap: break-word;

というもの。

この方法なら確かにトラックバック欄が溢れないし、W3Cにも準拠している。これはいいですね。

word-break: の値として break-word; を使うのはSafariユニークだと解っていたんですが、昨日はあのエントリを書いてすぐ出かける用事があったので「これでいいや」と放置してしまったんですよね(汗
どうせIEでは放っておいてもちゃんと禁則処理されるっぽかったたし。
(以上、言い訳でした。)

CSSをいじれる環境にある方はぜひ上記の枠内の記述をされておくことをお勧めしますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)