リコーR8:俺がカメラに選ばれなかった理由

本機はみんぽすからの借用品である。

マシンに「選ばれる」という言い回しがある。

ITmedia:「MacBook Airは使い手を試す。もし(MacBook Airに)選ばれた人々は、マシンをひと目見ただけで『他人が言う評価はどうでもいい、自分はこれを買わなければ』と強く感じるはずだ。”

この観点からすれば、R8は俺を選ばなかった。

なぜか。

それはひとえに、俺がリコーに期待するカメラ像とズレがあったからに他ならない。リコーにとっては迷惑千万な物言いで申し訳ないが、やはりR8はR7までの機種の延長であり、GRD/GX100とは別物である。

R8で俺が一番失望したのは、右手のグリップ。俺の手は成人男性でも決して大きい方ではないが、カメラ全体が小さいので、どうやっても片手でガッチリとホールドできない。親指はともすればADJレバーに常に乗り誤操作の原因になるし、ADJレバーを避けてホールドすれば何かの衝撃ですぐ落としてしまうだろう。

hold_r8

R8ホールドの様子。今にも落としそう。しかしこの程度しか掴めないコンパクトデジカメが今の主流だ。

hold_gx100

GX100ホールドの様子。中指側の出っ張りも大きく、がっしり掴める。これだけホールド感が全然違うのに、ボディの横幅はたった9.6mmしか違わない。体感的には2倍以上大きいグリップを掴んでいるように感じるのに。

GRD/GX100を知らなければこんなものだと思っていたかも知れない。しかし、GRD/GX100はカメラ売り場ではたいていR8の横なのである。知るなと言われるのがどだい無理な話である。

R8はキヤノン厨である俺の目をリコーに向かわせるインパクトのあるカメラだった。が、俺の目はR8を経由してGX100も経由して、GRDに行ってしまった。とはいえ、俺の目がリコーのラインナップ内にとどまっていることで、リコーの戦略は成功しているとも言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)