iPhone SDKの本 2冊目

偶然にもMacBSさんがこの本について少し前に語っておられたのですが、2冊目の教科書として基礎からのiPhone SDK(Amazon)を購入しました。最初に買った「iPhone SDK プログラミングガイド」より分かり易く、最初からこっちを買っとけば良かったと思いました(笑

kisokarano_iphone_sdk

あとはこれを読みつつ、いわゆる「バイブル」である詳解 Objective-C 2.0(Amazon)も必要だろうなぁ。

しかしこういったSDK本を読んでいて思うのは、iPhone開発に必要なのは、SDKの知識よりも何よりも、アプリそのもののアイデアだと思いました(汗

「iPhone SDKの本 2冊目」への2件のフィードバック

  1. KeroInMenu、Now Playingでお馴染みの鶴薗さんの著ですから、わかりやすさは格別かと。

    私はアイデアは結構あるのですが、面倒くさがりでダメですねぇ。
    これまで、必要に駆られて作ったものは結構ありますが。

    iPhoneでも欲しいなぁと思うものはあるので、
    ぼちぼち本腰を入れようと思っているところです。

    お互いに、背中の押し合い、しましょうか?
    いや、買い物ではないですよ。(笑)

  2. いやー、この本、いい、いいです。
    あとはアイデアだけ…(笑

    既に相当な本数のアプリが開発されているので、
    使いたいなぁ…というのはだいたいあるんですよね(笑

    まるで書こうと思った特許の公知例にぶつかった気分(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)