Snow LeopardのOS標準プリンタドライバーで設定が中途半端に引き継がれる件

キヤノンの情報によるとSnow Leopardでの複合機MP770は、OS標準ドライバを使えとある。

しかしOS標準ドライバは自分でプリセットした用紙設定を中途半端にしか引き継いでくれないようで、引き継がれてると信用して印刷すると失敗する。

os_standard_driver

OS標準ドライバーに切り替わった機種は、一度プリセットの中身が正しいかチェックする必要がある。

「Snow LeopardのOS標準プリンタドライバーで設定が中途半端に引き継がれる件」への2件のフィードバック

  1. 付属のhpのドライバーでも,同様でした・・・
    OS新規,移行アシスタントで旧設定移行 での
    環境ですが・・・プリセットした設定名だけが
    引き継がれていて,肝心の設定の中身は,標準に戻っているような感じですよね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)