液晶保護フィルムがいつの間にかなかった事件 その2

昨日書いたEOS 5D IIの背面液晶保護フィルムがいつの間にかなかった事件、キズに気がついたのはガンダムを撮ってた頃なので7~8月。キズ付いてるけど保護フィルム張り替えればいいや、くらいにしか思っていなかったんだけど、いざフィルム剥がそうと思ったらそもそも貼っていなかったという。

おかしいなとは思ってたんですよ。

先日ホットピクセルの件でキヤノンに修理依頼したときも、キヤノンは預かり品は保護フィルムに至るまでキッチリ伝票に記載するんだけど、「上面液晶保護フィルム」は記載があったけど、「背面液晶保護フィルム」は記載がなかった。見落としたのかな~と思っていたんだけど、貼ってなかったらそりゃ記載しないわな(笑

やたら液晶の透明度が高かったしなー。最近の保護フィルムは全然不満を感じないなーとか。そりゃ貼っていなければ透明度が高いのは当たり前だ(笑

一応、キヤノンには保護パネル交換時の修理料金を問い合わせ中だけど、たぶん保護パネルが数百円~2千円前後で、工賃が6~9千円くらいするんじゃないかなと予想。保護パネルのパーツ単品で入手して自分で交換している方もいるみたいだけど、パーツはコネがないと売って貰えないみたい?

そんな訳で、小キズごときで1万円近くも出すのは惜しいので、ダメもとでキズの上から保護フィルム貼ってみた。そしたら9割方はキズが見えなくなった。粘着材でキズが埋まったためと思われる。でもさすがに一番大きな小キズ(←なんだそら)は消えなかったな。

そうそう、上面液晶保護フィルムが1枚余ったので、試しに背面液晶の半分に貼って、画質を比べてみた。使ったのはケンコーの5D II用保護フィルムセットである。

まず蛍光灯の映り込み。反射が激しくなった。5D IIの液晶はコーティングが工夫されているのでヘタな保護フィルムより映り込みが少ない。

次に色調変化と輝度変化。ごく僅かではあるが色調は黄色みがかかり、輝度は低下した。但し比べなければ解らないレベル。全面に貼ったらまったく気にならない。

汚れ落としのしやすさ。保護フィルムの方が汚れを落としにくい。

つまり、5D IIの液晶の場合、保護フィルムを貼ることにより、輝度が低下し、色調が変化し、反射が盛大になり、汚れ落としもしにくくなるのと引き替えに、保護機能を手に入れるわけだ。悩ましいところだとは思うが、キズ付くのもイヤなので、私はそれでも保護フィルムを貼り続けると思う。


エツミ プロ用ガードフィルム キヤノンEOS5D マーク2専用 E-1787
ケンコーよりエツミの方が透明度が高くてキズ付きやすいみたい?
でも保護フィルムなんだからキズ付いても透明度が高い方がいいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)