フジフィルム X100 (あえてFinePixと呼ばず)

フジフィルムが開発中のFinePix X100。眺めて見て気がつく訴求ポイントは3つ。(1)液晶をオーバーレイさせた光学ファインダー (2)APS-CサイズCMOSセンサー (3)クラシックデザイン。

fuji_x100

ストロボシュー左側のフジノンレンズのマークがイカス!

こういった類のカメラを使うユーザーは、撮影された成果物もさることながら、その撮影する行為自体を楽しむことが重要かと思うので、光学ファインダー周りを充実させたのは共感できる。ただ、OVFに液晶表示をオーバーレイさせたモードと、純粋なEVFモードの2種類が切り替え可能である点に一抹のに不安がないわけではない。切り替え可能であるということは、両モードとも一長一短であると認めている可能性があるためだ。

「天面軍艦部/底面はマグネシウム合金を採用」というのであれば、もう一声、背面の液晶左右にあるボタン類も金属にして欲しいと思う。ここだけプラスチック然としてるのが、なんとも惜しい。

レンズは新開発の23mm単焦点で、レンズ交換はできない…のかな? できないとしたら相当ストイックだが、だとすれば「レンズ先端から被写体まで最短10cm」というマクロはもう一頑張り欲しい。23mm画角のAPS-Cで10cm先では、あまりマクロ的には撮れないので。

絞り羽根9枚を奢っていながら、3絞り相当のNDフィルターが内蔵されているのも面白い。でも折角1枚だけ内蔵なら、もうちょっと暗いフィルタでも良かったのでは?

センサーを見ると、どうも入射光量が落ちる周辺画素において、マイクロレンズの位置をズラすことで周辺光量落ちや色にじみを抑える工夫がしているようだ。同社の「写ルンです」ではレンズに合わせてフィルムを少しラウンドさせていると聞いているが、それのデジタル版のようなものと言える。

背面液晶は2.8インチの46万ドットらしい。PowerShot G11と同じパネル…かな? 2.8インチでは46万ドットが最高だからこれしか選択肢がないんだろうけど、このカメラ、本体価格12万とかするんだよねぇ? 3.0インチにすれば92万ドットとか言うパネルもあるので、そっちの方が良かったんじゃないかな。

最後に名前。既に多くの方が仰っているとおり、本機にはFinePixというシリーズ名は似合わないと思う。デジカメにおいてFineなPixelで撮れるのは当たり前、話はその先に進んでいる。「FinePix」という12年前のハイテク感と、徹底的にレトロな外観はそぐわない。

まだ発売まで半年あるので、実際の発売時には「FinePix」の冠を外してもらうよう、フジフィルムにここらあたりからリクエストを送るといいかも。あっ、こっちの方がいいかな? 英語で書かないとダメかな?

ただ、今発表されているデザインでは筐体に「FinePix」の印刷は見えないので、もしかしたらカタログや梱包箱だけでのみ「FinePix」を名乗る可能性もある。いやむしろ、今は付いてないけどいざ発売時に「FinePix」のロゴがシルク印刷されていたらどうしよう(笑


フジフィルム メタバリア 90粒 サプリメント 外食の多い方に ぽっこりお腹の方にオススメ

「フジフィルム X100 (あえてFinePixと呼ばず)」への2件のフィードバック

  1. 僕はもうすっかりコイツに堕ちているのですが、Finepix銘はやっぱり付けないで頂きたいですね。
    まあ、正面に不粋な FUJI FILM ロゴを付けてこなかったり、逆に背面中央に Made in Japan をわざわざ表記している事から察するに、X100のデザイン関係者には相当の「好き者」が居ると思うワケで、何となく安心している次第。賛否入り乱れることが明白なレトロ過ぎるデザインは、間違いなく確信犯の仕業でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)