子連れレジャー御用達カメラバッグ

PowerShot S95 / Tokyo Disneyland

先日ディズニーランドに行った際には、手持ちのショルダーバッグ(イトーヨーカドーで4千円くらいの)にポーチに入れたハンディカムやらPowerShot S95を入れていったのだが、ショルダーバッグに仕切りがないことと、出し入れが頻繁だったため、バッグの中がゴチャゴチャしてしまい、「あれっ!iPhoneなくした!さっきのレストランだ!」と慌ててレストランに探しに行ったものの、結局バッグの底の方から出て来たという失態をしでかした次第。

やっぱりカメラはカメラバッグに限るね。
ちなみに日帰りディズニーランド当日の荷物はこんな感じ:

・ハンディカム HDR-CX550V + 予備バッテリ
・デジカメ PowerShot S95 + 予備バッテリ
・iPhone4
・eneloop mobile booster + ケーブル
・docomoのケータイ
・財布、クルマの鍵
・ディズニーランドのマップ(入場時に貰える)
・1dayパスポート

上記の荷物を納める場合、手持ちの「CRUMPLER(クランプラー)6ミリオンダラーホーム MD06(Amazon)」でもいいんだけど、中身に対して少し大きすぎて、アトラクションに乗るときもゴロンとしていてホールドしにくい。

子連れレジャーなのでさほどハードな性能を要求されることはなく、盗難防止の観点からは外観は地味な方がいい。という視点でヨドバシのカメラ売り場を眺めていたら、ピッタリのバッグを見つけた。エツミの「シュープリーム」シリーズ。

サイズは「無印」と「S」と「SS」の3種類があるんだけど、前記の荷物だったら「S」でちょうどいいくらい。出てから3年経ってるせいか、「SS」あたりはメーカーでも在庫限りになってるんだけど、後継モデル出るのかな?

メインの気室は当然カメラがそのまま放り込めるようにクッション入りで、最近の家庭用ビデオカメラなら余裕、EOS KISSや60Dのダブルレンズキットくらいなら入ってしまいそう。細かいポケットが充実しているので、小物もシャッフルされない。試していないがサイド部のポケットには500mlペットボトルが入りそうにも見えた。

マチも必要最低限なので、ゴロンとした感じがない。アトラクションに乗る場合も体に寄り添わせておくのもラクそうだ。

難点を挙げるとすれば、サイド部にあるロゴが刻印されたゴムが、なぜか長さの1/5ほど縫合されていないこと。店頭展示してあった10個ほどで確認して全数同じなのでデザイン上の処理だと思うが、ピラピラして気になるので、個人的にはこれを購入したら切り取ってしまうだろう。

品質は可もなく不可もないレベルで、thinkTANKのアーバンディスガイズのように、バリスティックナイロン採用だったり、YKK製ファスナー採用によるどのファスナーも感触が一定だったり、レインカバーが付属していたり…ということはないのだが、レジャー用としては、それは過剰品質というものだろう。いや、1万円以上の予算があるのならアーバンディズガイズ20の方がそりゃいいけど、レジャー用というデザインでもないしねぇ(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)