大橋ジャンクション恐るべし

先日、土屋カバン(足立区)に横浜からランドセルを買いに行った際に、湾岸線、横羽線とも混んでいたので、東名→大橋ジャンクション経由で行ってみたのですが、すごく早く着いてビックリ。

大橋ジャンクションを通るのは初めてだったのですが、あの何度もグルグル回されるコースは三半規管キラーですね。ちょっと体調が悪いと、気持ち悪くなりそうです。現時点では複線ではないので後続車に煽られる可能性もあるので、あまりトロトロと走れないし、その一方で追突事故も多い。そしてそのあと新宿方面に延々と続く地下トンネルの陰気な感じは、おおよそ「走る歓び」とは無縁の、単なる移動手段。

確かに現在の東京で長距離の高速道路を新設するとなれば、大深度地下トンネルに頼らざるを得ないというのは無理もないことですが、大橋ジャンクションの目まいを誘発する危うさと併せて、できれば通りたくないなぁと思わせる道路でした。首都高湾岸線の大黒PAに行くにもかなりグルグル回されますが、そこと比べて大橋ジャンクションは径が全然小さいのでキツいです。

でも新宿方面へのリーチの速さは特筆に値するので、体調と相談しながら、使ってしまうような気もします。とはいえあまり高頻度で使うと、いつか事故りそうな気もするなぁ。徹夜明けとか絶対に通っちゃダメですね。

私は特に目まい持ちとかではないのですが、大橋JCTを抜けたあとのストレートでも目が回ってスピードが出せないので、左車線をキープです。ループを抜けた直後から右車線をかっ飛ばせる復帰スキルの高い方が羨ましいです。

「大橋ジャンクション恐るべし」への2件のフィードバック

  1. 走る歓びとは無縁ですが、「リアルリッジレーサーだ!」と思って走れば楽しいアトラクションかも?

    C2が出来たおかげて三宅坂は空きましたが、その分新宿周辺が込むようになりました。
    早く圏央道を繋げてほしい所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)