ヤリスクロス

ショッピングモールにYARIS CROSSが展示してあったので座ってきました。

 

基本的にはヤリス(旧ヴィッツ)のクロスオーバーで、内装も大きく変わらないしホイールベースも1センチ長いだけ。ライズ(ダイハツ・ロッキーOEM)より大きくスタイリッシュで、C-HRよりは小さいというトヨタの水をも漏らさぬ小型SUV布陣の一つ。ライズからC-HRまでのラインナップの間にこのヤリスクロス位の大きさのクルマを用意するの、トヨタくらいですよね…。

ベース車がヴィッツから国際サイズのヤリスになったことで、このヤリスクロスも前席だったら身長184cmの私が座っても何ら問題なし。ヴィッツだった頃の「背中より明らかにシートが小さい」感は最早ありません。シートリフターの調整幅はとても大きく、一番下なら頭上にこぶし1つの余裕があり、一番上にすると体が入らない…くらいの調整幅があります。ただ後席は身長184cmクラスでは足まわりを収めるのが辛いところで、快適に座れるのは160cmくらいまでかな、という気がします。C-HR同様、基本は1〜2名が快適な乗車人数です。

価格レンジはとても広くて、下の方のグレードを安く乗ろうとすれば200万円ちょっと、ハイブリッド車をフル装備で乗ろうとすれば300万円です。ヤリスクラスに300万円出すのはちょっと気が引けますが、自動車全体が高くなっている中ではライバル比で不当に高いわけでもありません。ただ、300万円出してもヤリスなので、バックミラーは自動防眩になりませんけどね(最近リアガラスがたいてい標準でスモークなので、防眩ミラーも要らない感じですかね…?)

これといった死角がなくとても商品力の高い車ですが、これをファミリーカーとして使うのは、ちょっと後席が狭いかなぁ、という当たり前の結論に帰依します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)