Wii 修理から戻ってくる

1/9に故障で修理に出したWii、今日(20日)帰ってきました。

SDIM0795

Wii FitをプレイするとMiiの選択のあたりでフリーズしてしまっていたのですが、症状からしてたかがメインボードをやられただけだ!と思っていたのですが、いやいや、DVDドライブ故障でした。

修理費は3,000円で、新品のWii(整備済み製品か?)と交換。Wiiリモコンの再登録は必要だったが、セーブデータや購入コンテンツ履歴はキッチリ残っていた。ダウンロードコンテンツの再ダウンロードは必要だが、一度購入したものは無料で再ダウンロードできる。

もちろんMiiも無事、再編集可能な状態で残っていた。WiFiのパスワードや、インターネットチャンネルのブックマークまで残っていたのには舌を巻いた。

これがユーザーに受け入れられる「修理サービス」ってやつだよなぁ…。
修理費用3,000円といい、考えさせられるなぁ。

もっとも任天堂にとってのWiiは、プリンタメーカーで言うところのプリンタ本体のようなもので、インク(ソフト)を買わせるためのトロイの木馬でしかないのだろうけど、それでも、ねぇ。

【補足】
そういえば修理に出す前の個体では、画面の左右からそれぞれ1/5くらいの場所に細い縦線がチラチラ見えることがあったのですが、今回の修理(交換)で解消されました。元々グラフィック系にも何か抱えていたのかも知れません。


Wiiリモコン専用 USB充電専用無接点充電セット(Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)